イタリアでローマ、ミラノについで3番目の都市とされるカンパニャ州・ナポリ。地中海性の温暖な気候で、とても過ごしやすく、観光客もたくさん訪れる街です。
気候が温暖であるため、野菜やハーブなどがたくさん生産されますし、海に面しているため、新鮮な魚介類を味わうことができます。
ナポリと聞けば「ナポリピッツァ」。ナポリは言わずと知れたピッツァの街なのです。そのためピッツァに使われる材料はナポリで生産されるものが多いのです。
まずはトマト。トマトは南イタリアでたくさん生産されています。北イタリアではあまり使われることのないトマトですが、南へ行けば行くほどたくさんつかわれるようになります。
そして水牛の乳で作られるモッツァレラ・チーズ。ピッツァの王道といえばマルゲリータ・ピッツァですが、そのピッツァんはモッツァレラ・チーズはかかせません。
バジルなどのハーブ類も、温暖な気候のおかげでたくさん生産されています。野菜もたくさんの種類が豊富なため、南イタリアではサラダが良く食べられます。食材がおいしいため、シンプルにいただくことが多い、それがナポリ料理の特徴とでも言えましょうか。

イタリアでローマ、ミラノについで3番目の都市とされるカンパニャ州・ナポリ。地中海性の温暖な気候で、とても過ごしやすく、観光客もたくさん訪れる街です。

気候が温暖であるため、野菜やハーブなどがたくさん生産されますし、海に面しているため、新鮮な魚介類を味わうことができます。

ナポリと聞けば「ナポリピッツァ」。ナポリは言わずと知れたピッツァの街なのです。そのためピッツァに使われる材料はナポリで生産されるものが多いのです。

まずはトマト。トマトは南イタリアでたくさん生産されています。北イタリアではあまり使われることのないトマトですが、南へ行けば行くほどたくさんつかわれるようになります。

そして水牛の乳で作られるモッツァレラ・チーズ。ピッツァの王道といえばマルゲリータ・ピッツァですが、そのピッツァんはモッツァレラ・チーズはかかせません。

バジルなどのハーブ類も、温暖な気候のおかげでたくさん生産されています。野菜もたくさんの種類が豊富なため、南イタリアではサラダが良く食べられます。食材がおいしいため、シンプルにいただくことが多い、それがナポリ料理の特徴とでも言えましょうか。

イタリア各地の風土とFOOD~ナポリ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です