私は、先日、とある料理を食べてとても感動してしまったことがありました。それは、どんな料理かというと、友人が作ったイタリアンを食べたときです。

私が、なぜそんなにそのイタリアンで感動をしたのかといえば、それはその友人と再会したのが15年ぶりだったからです。

その友人は、高校時代に3年間苦楽をともにした私の遊び仲間だったのですが、
それ以後は私が就職を、友人が美容師の専門学校へ行ったこともあり、
最初の内は連絡を取っていたのですが、そのうち徐々に疎遠になってしまいました。

 30代になると、学生時代の友人ともほとんど付き合いがなかったのですが、
あるとき、学生時代の違う友人から電話がかかってきました。
それによると、その美容師の専門学校へ行った友人は、
その後紆余曲折あってイタリアンのシェフになっているということでした。

私は何とか時間を作って、その友人が働いているイタリアンレストランへと、
電話をくれた友人とともに行ってみることにしました。

そして、私は15年ぶりの再会を喜び、
さらに作ってくれたイタリアンを美味しくいただいたというわけです。

思い切り贔屓かもしれませんが、友人の作ってくれたイタリアンは、
今まで食べたどんなイタリアンよりも美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です